« Hitler-Witz (ヒトラー・ジョーク) その2 | トップページ | Kakerlak, Schabe, ごきかぶり (ゴキブリちゃん) »

2007年9月21日 (金)

Rätsel (なぞなぞ) その2

 なぞなぞ第2弾でございます。ヒトラー・ジョークと抱き合わせにしちゃう。検索したら出てきたなぞなぞです:

Wer es macht, der sagt es nicht.
Wer es nimmt, der weiss es nicht.
Wer es kennt, der nimmt es nicht.

(それを作る人は、そのことを言わない。それを受け取る人は、そのことを知らない。それが何であるか知っている人は、それを受け取らない。)

この es (それ) とはなあに? というのが問いです。
答は・・・ Falschgeld (偽造通貨)

ナルホド。日本語で読むより、ドイツ語で読んだほうが分かりやすいですよね。wissen と kennen の違いも分かって勉強になりますな。

|
|

« Hitler-Witz (ヒトラー・ジョーク) その2 | トップページ | Kakerlak, Schabe, ごきかぶり (ゴキブリちゃん) »

「ドイツ語」カテゴリの記事

コメント

おもしろいナゾナゾですね。手帳にメモしました。
そうそう、wissenとkennenの違いをしっかり頭に入れておかなければならないのですよね。うっかり、wissenを使うべきところkennenを使って相手にびっくりされたことがあります。すぐに訂正しましたけど…。ドイツに留学したばかりの頃で、日本語を考えてからドイツ語を喋っていたので間違えてしまいました。

投稿: 絵描き屋 Yoshimi | 2007年9月22日 (土) 22時50分

★絵描き屋Yoshimiさん

こんにちは!ご無沙汰しておりました。お元気でお過ごしですか?コメントをありがとうございました。昨夜、私も絵描き屋Yoshimiさんのブログに久しぶりにお邪魔しました。相変わらず素敵な絵を描いていらっしゃるんですね。銀幕が似合った女性は、モノトーンの絵がぴったり。

 私もこのなぞなぞ、一目で気に入ってしまいました。wissen と kennen 、「知る」という日本語訳が一番最初に浮かびますが、使われるシチュエーションはだいぶ違いますもんね。大昔、まだ東ドイツが存在したころ、ついうかつにも東ドイツの友人に、「休暇はどこに行ったの?」と聞かれて「●●に行ったのよ。知ってるでしょ、この町」と答えるつもりで、つい「kennen 」を使ってしまったのです。旅行の自由がなかった彼が「地図で見たことはあるけど、kennen じゃない」と答えたのをよく覚えています。実際に見聞きしないと、kennen は使わないことを知り、申し訳ないことを言ってしまったと後悔しました。

投稿: ありちゅん | 2007年9月23日 (日) 13時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Hitler-Witz (ヒトラー・ジョーク) その2 | トップページ | Kakerlak, Schabe, ごきかぶり (ゴキブリちゃん) »