« Kakerlak, Schabe, ごきかぶり (ゴキブリちゃん) | トップページ | Buchbinder(製本工) »

2007年9月30日 (日)

Verein gegen betrügerisches Einschenken (ビールがジョッキに正しく注がれているか監視する団体)

 ちょっと古い話題になってしまいますが、恒例のオクトーバーフェストが現在開催中だとか。ネットで関連記事を読んでいて、Verein gegen betrügerisches Einschenken なる団体が出てきました。何コレ? お詳しい方、いらっしゃいますでしょうか。ミュンヘンへは観光でしか行ったことがないので詳しくなく、この団体は初耳でした・・・。団体名を訳すのは難しいのですが、ジョッキに注がれる量が適切かどうか監視する団体のようです。設立は何と1899年。ナチ時代には禁止されたものの、その後復活。メンバーは現在4000人ほどいるらしく、ビアホールやオクトーバーフェストのような催しで、ジョッキに正しい量(古くから伝わる単位で「マス」と呼ぶそうです。昔は1.069リットルだったそうですが、現在は1リットル。)が注がれているかどうか目を光らせるんだとか。ビールって泡が多いので、どのくらい入ったか分かりにくいですよね。ましてや、Keferloher(陶製のジョッキ)だとさらに分からない。それを悪用して、樽からジョッキに注ぐ際、決められた「マス」に満たない量しか入れない店が多かったとのこと。そういった「詐欺行為」に業を煮やした人々立ちあがってこの団体を結成したらしい…。

*******************************************

 そういえばリモ(Limonade、清涼飲料水)などを頼んだ場合もそうでしたが、コップに量を示す印が付いていることが多いですよね。それに達していないと Betrug (詐欺)になっちゃうんだろうな~。さすがドイツなのだ。

|
|

« Kakerlak, Schabe, ごきかぶり (ゴキブリちゃん) | トップページ | Buchbinder(製本工) »

「ドイツのこと」カテゴリの記事

コメント

16世紀(だったかな)のビール純粋令がいまだに守られているドイツならではですね。個人的には好感が持てます。

投稿: なすび@がんばる | 2007年10月 1日 (月) 11時11分

★なすびさんっ

お風邪の具合はいかがですか?頑張りすぎないでくださいね。どうぞご無理をなさいませんよう…。

それがですねー 雑誌のWEB版を読んでいたら、「この団体が今年も巡回!」みたいな記事が出ておりまして、「何これ?」と思った次第です。悪意のあるなしにかかわらず、泡が多いビールはワインのように適量を注ぐのは難しいですよね。彼らは抜き打ち検査で量が守られているかどうか調べるんだそうです。さすがビール好きの国民だな~と感心しました。

投稿: ありちゅん | 2007年10月 1日 (月) 12時49分

やけに目盛りどおりきっちり注がれて出てくると思ったら、そうだったんですねー!彼らの律儀さかと思ったら・・・。アプフェルザフトでもなんでもきっちりだった気がします。そうでないと文句が出るんでしょうね~。日本のビールは苦いので飲めず、つまり帰国以来ビールは長らく飲んでないな~

投稿: あむ | 2007年10月 1日 (月) 22時48分

★あむⅩxⅩ(ナゾの伏字)

おはようございます~。コメントありがとうございます。最初に目盛りを見たときはのけぞりました。誰か文句でも言う人いるんかいな?って。こういったところにもドイツ人の合理性が出てるんですね。給仕さんが目盛りどおりに注げるようにに、との配慮かしら。そして目盛りどおりだから満足してね♪というお客さんへの配慮(?)。うーん、さすがだわっ。ビールは苦いので私も実は苦手・・・。ドイツ人からは「ビール飲まないなんて、生きてて楽しい?」といったことをよく言われました・・・。あと、「ビール飲まないと石(結石)ができるぞ」と。そしたら帰国後に尿管結石になりました(涙)

投稿: ありちゅん | 2007年10月 2日 (火) 08時14分

あむさん♪

わたしもキ●ンなどは苦くて少々苦手なのですが、サ●トリーモ●ツやエ●スなら、ホップと麦芽以外の材料を使っていないからか、飲みやすいデスよ。

投稿: なすび | 2007年10月 2日 (火) 08時51分

なすびさん

モ×ツ、飲んだことありませんでした。こんど試してみます! 銀河××はドイツの味に近かった気がしましたが、このごろ見かけないです。

あり×xんさんは、結石をやったことあるんですか!あれはほんとに痛いんだそうですね。ビールで流すとは知らなかった・・・さすがドイツ流?!

投稿: あむ | 2007年10月 2日 (火) 09時17分

横からすみません。

サッポロクラシックという、競馬のレースみたいな名前のビールがあるんです。これが美味しいです。麦芽100%の北海道限定ビールですが、北海道フェアなどでは売られているみたいです。

投稿: 樅の木 | 2007年10月 2日 (火) 10時01分

横追加

たしかにレースみたいです・・・。そのビールも知りませんでした。北海道限定なの~と一瞬がっかりしましたが、フェアにあたれば可能性があるんですね^m^

投稿: あむ | 2007年10月 2日 (火) 11時31分

★なすびさんっ

で、風邪はいかがですか??ビールで治すってことはないですよね。ベルリンのビールって「白ビール」とか呼んだりするのですが、大昔テレビ塔の上で飲んだのはピンク色で何か果汁(?)みたいなのが入っていました。東ドイツ時代だったので、何が入っていたのかよく分からなかったのですが、とにかく甘くてビールっぽくないお味でした。

★あむぴょんっ

そーなのです。私が大昔住んでいたデュッセルドルフはAltbier で有名なのですが、ドイツ人から、「Ohne Alt kriegst du Nierensteine.」と言われました…。「まっさかー」と笑い飛ばしていたのですが、帰国後に石が…。すごーく痛かったです。20年生きてますが、あんなに痛いのはほかにはありましぇん(キッパリ)

★樅さまっ

わ~ コメントありがとうございます。
北海道限定ですか…じゃ、デパートの物産展に行くと売ってそうですね、カニ飯とかの隣に。北海道にビール工場がありますよね、あそこで食べたジンギスカンは美味しかった…(食べ物の話ばっかり) 冷蔵庫の調子が悪く、冷蔵室のものが凍ってしまうのです。温度調整してもダメ。でもって、冷やしておいたビールが全部凍ってしまいました~。あれって溶けたら元の味に戻るんでしょうか?「あれ?チャポチャポ言わない…ヘンだな」と散々振ってしまったので、開けるのも恐ろしい今日この頃。

投稿: ありちゅん | 2007年10月 2日 (火) 13時14分

ビール凍結・・・・。orz 旦那さんかわいそう。凍結すると、ビールの糖分やたんぱく質なども凝固してしまうので、解凍しても味はもとには戻らんですよ。まずくなります。--これ、ビールに限った話ではないですが。

ノートパソコンは諦めてでも、早く冷蔵庫を買うのだ~。

投稿: なすび | 2007年10月 2日 (火) 17時26分

★なすぴょん

> 解凍しても味はもとには戻らんですよ。まずくなります。

げっ げげっ げげげっ

不味くなってしまうんですか…。知らなかったことにしよう。そのまま出しても分かるまい…。

> 早く冷蔵庫を買うのだ~

ところがですねー 字幕制作ソフトを買うかもしれないのです。いえ、買わずにすめばそれに越したことはないのですが。連続で「ありちゅんさん、SST(というソフトなのです)はお持ちでしたっけ?」と聞かれてしまいました…。1社の寡占状態なので、30マンエンもするんですっ パソコン買い足してる場合じゃない・・・冷蔵庫ももってもらわないと・・・

投稿: ありちゅん | 2007年10月 2日 (火) 21時08分

私も、ビールは大好きです。
普段は、モ0ツやエビ0を飲んでいますが、ジョッキは凝っていて、蓋付きのジョッキ(ガラス製・陶器製・金属製)で楽しんでいます。
特にお気に入りは、1890~1905年の間に作られた、ドイツ軍退役記念の陶器製で、軍隊生活の描かれたボディに、兵科事に違う兵隊人形やピッケルハウベを模った金属製の蓋が付いた物で、之で飲むとビールの味も格別です。
日本でも兵役終了記念に、営門前に記念品を扱う店で、記念杯を売っていたのと同様に、ドイツでも記念の連隊や部隊毎のジョッキを売っていて、家に持ち帰り自分で飲んだり、周囲に配ったりして記念にしていたようです。
ベルギービールは、ビールの銘柄毎に専用のグラスが作られ、このグラスで飲むのが一番美味しく呑めるようになっています。
その為、グラスが多量に食器棚とそこらの棚に溜っています。

投稿: AIRSHIP | 2007年10月 3日 (水) 01時07分

そうそう、今日はder Tag der deutschen Einheitのひだったっけなあと私もおもっとりました。ビールのはなしでもりあがっとりますなあ。
私・・・のめないっ。アルコールは随分と長いこと飲んでないのでちょっとだけでもまわる、眠くなる、起きるのがつらくなる。てなわけでやめます。母乳をとおして赤ちゃんにアルコール分いっちゃうっていうしね。

いいなあみんな。

ところで、なんでこんなに伏字が多いの?この記事コメント。
ヒミツに満ちているの?

投稿: spatz | 2007年10月 3日 (水) 08時47分

★AIRSHIPさま

コメントありがとうございます。ドイツ製の陶製ジョッキで楽しんでおられるんですね。ミュンヘンのオクトーバーフェストでも、初期のころは陶製のジョッキで出していたんだそうです。途中から現在のようなガラス製に代わったそうですが、ドイツ独特の蓋つきジョッキを集めていらっしゃる方も多いですよね。凝った造りのものはお値段も相当…。ビール用のグラスでは、長靴型のものもありますよね。上手に飲まないと、靴先にたまっていたものが急に流れ出てきて顔にかかってしまうとか。

★シュパちん

やほほーーーコメントありがとうございます。そーなのです。今日はドイツ統一の日でありました。ついでに調べた6月17日事件。西側にかなりの犠牲者が出たというのは西側の作り話だった可能性がある、といったことは以前聞いたことがあったのですが、検索していて早稲田の先生の記事を見つけました。シュピーゲルって、こういう問題提起をするのが好きよね。

http://www.asaho.com/jpn/bkno/2003/0609.html

既にご存じだったらごめんね~。シュパちんも好きでしょ、こういった分野。

ところで伏字。Buchbinder の記事であむぴょんの記事をリンクさせていただいたのですが(中世の彩色写本の記事です)そこのコメント欄の一番下のほうを見てね♪ 思わすウケてしまったので、ついつい・・・。

投稿: ありちゅん | 2007年10月 3日 (水) 11時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Kakerlak, Schabe, ごきかぶり (ゴキブリちゃん) | トップページ | Buchbinder(製本工) »