« Daniel Barenboim (ダニエル・バレンボイム) | トップページ | わーい♪ »

2007年10月17日 (水)

またミルカ… 買っちゃいました♪

 「買っちゃいました♪」と書いてしまいましたが、実は買ったのはもう2週間くらい前。ブツのほうは、もう影も形もありません。食べちゃいました、ハイ。

Pa070003  ミルカのチョコレートは溶けやすいのです。Lindt や Tobler は暑い季節でも店頭に並んでいますが、ミルカは秋~春までしか、そのお姿を拝むことはできないんですな。10月の始めに輸入食材屋さんに寄ったところ、「ミルカ入荷しました!」との貼り紙が。リラ色が目に飛び込んできて、わたしゃ嬉しかった…。おもむろにミルカをむんずとつかみ、レジに並んだのは言うまでもありませぬ。

 ところでこの商品は初めて見ました。私が知らなかっただけ?Kleine Pause (ちょっと一休みって感じでしょか)と言うのですが、アホな私は Keine Pause (休みなし)と読み間違え、「はは~ん、のべつまくなしに食べたくなるほど美味しいってワケね」と一人納得していたのでありました。ホント、アホ。

Pa070004  ・・・が、ちょっとこのチョコレートは甘かった・・・。ミルカはもともと甘めではありますが、これは中でもかなり甘さが強いような気がします。もう少し甘さや香辛料を控えたお味のほうが、日本人の口に合うような気がするんだけど。

Milka (過去の記事です) ← Milka の名前の由来や歴史など。よろしければ。

Milka 板チョコラインナップ (過去の記事です)

 そろそろスキーの季節ですね。またワールドカップなどでミルカ牛の姿が見られるといいな♪ (← ご存じですよね、ミルカ牛。)

|
|

« Daniel Barenboim (ダニエル・バレンボイム) | トップページ | わーい♪ »

「ドイツのお菓子」カテゴリの記事

コメント

お、タイムリー。
実はMilkaヨーグルトを入手しました。溶けやすいんですか?気をつけなきゃ。むむ。

投稿: まがり | 2007年10月18日 (木) 07時39分

ミルカとかキンダーとか、大好きです~(*^ ^*)
ミルカって溶けやすいんですか? 知らなかった…
いつも溶ける前に食べ終わっているようです。

投稿: すー | 2007年10月18日 (木) 09時10分

★まがりさんっ

コメントありがとうございます!!!ヨーグルトを入手されたんですね!いいな~。記事にもリンクしましたが、「板チョコラインナップ」を見てみたら、いろいろありますね~。自分でも1年前に「ミルクチョコレートだけでなく、間にいろんな味が入ると絶妙な味わいになる」みたいなことを書いていて笑えました。ミルカって今では様々な形のものが売られていますが、板チョコがミルカの王道、という気がします~♪ 昨年、ミルカを見かけなくなったなーと悲しんでいたら、9月末にソニ●ラで見つけてうれしかったのでありました(昨年の日記で分かりました)そのとき、売り場のお姉さんが「ミルカは溶けやすいので夏場は入荷しないんです」と言っていたように記憶してます・・・

★すーさん!!!

コメントありがとうございます~♪ ミルカも好きですが、チロルチョコも好きです(謎)まがりさんへのコメントでも書いたのですが、売り場のお姉さんがそう言っていました。記事に載せた「ちょっとひとやすみ」チョコも、家に帰って開けてみたら、少し溶け溶け~状態でした。

ところで、フランス語の翻訳者さんにお聞きしたいと前から思っていたのですが・・・フランス語の「猫舌」って「ラング・ド・シャ」ですよね。あれってクッキーのような気がするのですが、ドイツの「猫舌」はチョコレートなのです。どうして違うのでしょう?素朴な疑問なのですが気になる…

投稿: ありちゅん@ミルカ大好き | 2007年10月18日 (木) 09時29分

わ~!ミルカの季節in Japanですね~
私も先週そ×ぷらで見かけ、よろこんでおったところです♪ このタイプは私も見たことありませんが~ このほかにもいろいろ出てくると良いな~

・・・でもですね、うちの冷凍庫には、夏に人からいただいたミルカが引越しに耐え、まだ2枚備蓄されております。

投稿: あむ | 2007年10月18日 (木) 20時59分

★あむしゃん

コメントありがとうございます~。そ●ぷらに行かれたんですねーーーあそことか成城●井とか●ルディとか、大好きです。私が先日見かけたのは、この小パウゼのほか、定番のアルペンミルヒや牛柄の板チョコ、エアインチョコなどなどでした。あと、Riegelタイプもあったような…。ハロウィーンのオレンジに負けないくらい、紫色も輝いておりやした。

ところで真夏の引越しを乗り切ったチョコたち、元気なんですね。冷凍庫に入れて大丈夫ですか?白いのが浮き出たりしません?

投稿: ありちゅん@同志! | 2007年10月18日 (木) 22時28分

えっ、ドイツでラングドシャって言ったらチョコレートなんですか!?
びっくりです!! Langue-de-chat(ネコの舌)とは“細長く薄いビスケット”と、フランス語の辞書にも載っているのに! 由来は確か、ネコの舌の形に似ているからとか。

投稿: すー@猫舌です | 2007年10月19日 (金) 13時35分

さすがそちらのお店は充実してますな~
こっちにはそんなの、全然置いてなかった(泣)
冷凍保存のままで開封してないので、斑点出てるかわかりませぬ。ドキドキ・・・

猫舌、フランスではビスケットなんですか!初めて知った~。ウイーンの王室御用達カフェ「Demel」にも、おみやげ用の「猫舌チョコ(パッケージは猫が舌を出してる絵)」がありますにゃ~。日本じゃ2/14用に人気があるらしいですが・・・

投稿: あむ | 2007年10月19日 (金) 15時06分

★すーさん

わーい♪コメントありがとうございます。そーなんです。「猫の舌」ってフランス語では「ラング・ド・シャ」ですよね。でもって、しゃりしゃりしたビスケットですよね。ドイツだと、ウィーンの「デメル」が有名なのですが、こんなんなんです↓(拙宅の記事ですんません)

http://deutschmachtspass.cocolog-nifty.com/blog/2007/05/katzenzungen_5199.html

この違いはどこから来るんだ? ところで猿故事(すごい変換)さん、離婚しちゃいましたね。

★あむぴょん

わーい♪ コメントありがとうございます。ミルカちゃん、あの暑い引越しを耐えたんだもん、ぜったいに大丈夫よ~(って何がだ?)きっとあむぴょんのことを包みの中で待ってるはず^^ 

ところでフランスの「猫舌」、びっくりでしょ。ヨックモッ●のシガールみたいな生地なんだと思います、たぶん。お菓子の世界は奥深い・・・。駄菓子も宮廷菓子も両方オッケ~、どっちも好き♪

投稿: ありちゅん@猫舌ではありますが二枚舌ではないハズ | 2007年10月19日 (金) 17時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Daniel Barenboim (ダニエル・バレンボイム) | トップページ | わーい♪ »