« Buchbinder(製本工) | トップページ | der Tag der Deutschen Einheit (ドイツ統一の日) »

2007年10月 2日 (火)

Toi, toi, toi♪

 ドイツ人がよく口にする言葉「トイ、トイ、トイ♪」。「しっかり頑張ってね~」といった意味ですよね。Viel Glück! とか、Good luck! のように、相手の幸運を祈る言葉です。初めて聞いたときは「面白いな~」と思いました。これって何の言葉から派生したんでしょ?

 昔の人は、おめでたい話や幸運に関係する話をダイレクトに言うと、悪魔が嫉妬して災いをもたらすと信じていたんだそうです。思わずそういった内容を口にしてしまったら、Unberufen!(=やべっ、つい口にしちゃった)と言いながら、「ぺっぺっぺっ」とつばを3回吐いて(!)木材などでできたものをコンコンコンと3回叩くのが慣わしだったとか。「ぺっ」は魔よけになるんだそうです。それでもさすがにお行儀が悪いということで、つばを吐く代わりに Toi, toi, toi.と唱えるようになったとWiki やその他のサイトにはありました。「トイ、トイ、トイ」って「ぺっ」という音の代わりなんですって。わたしゃ知らなんだ・・・。

小学館の独和大辞典に載っていた例:
Ich habe noch keinen Unfall gehabt, unberufen toi, toi, toi!
(私はこれまで事故を起こしたことがない。あっ 言わなきゃよかった、くわばらくわばら。)

 Wikiでもう一つの可能性として挙げられていたのが、Teufel(悪魔)を3回唱えたことから来たとする説。シュヴァーベン地方の辞書に、次の言葉が載っているそうです。方言なので意味はよく分からないのであります。でも、「あ、あ、悪魔のケーキ」みたいな感じで確かに3回繰り返してる・・・。„No kommt mer in ’s Teu- Teu-Teufelskuchen bey ihm“.

********************************

 以上が Toi, toi, toi. の元々の意味。「やべっ くわばらくわばら」というシチュエーション以外にも、最初に挙げましたように「しっかりね」の意味でも使われますよね。別れ際に Toi, toi, toi. と言うシーンは映画などでもよく出てきます。言いながら扉を3回叩くシーンも確か出てきたような・・・。ドイツ語って、やっぱり面白いのだ。やめられないのだ~。

|
|

« Buchbinder(製本工) | トップページ | der Tag der Deutschen Einheit (ドイツ統一の日) »

「ドイツ語」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~

Toi,toi,toi は、わたしもTeufelから来ているとどこかの誰かから聞いたことがあります。シュヴァーベンのどこかですよ。あの頃、バーデン・ヴュルテムベルクの知事がTeufelさんでした。

ところで、訳語に使われた「くわばら、くわばら」ってのも面白いですよ。なんでもこれは、「恐い」から来たのではなくて、「桑原」という地名だそうです。京都の北野天満宮(菅原道真)のあるのが桑原で、その名を唱えると災害の方が恐れをなして来なくなるとか。

投稿: 樅の木 | 2007年10月 2日 (火) 09時55分

トイトイトイ、かわいい響きだし、言ってるドイツ人もかわいいしと思ってましたが、いわれについては知らなかった~ こういうお話が聞けるのうれしいです。やっぱりドイツ語って好きだな~

この由来の感覚は、わかるような気がします。それに、お願い事を人前で言わないのにも通じるよう・・・。

あと、「ドイツ」の語源が、ゲルマン人が自分たちのことを「トイ」だか「トイチュ」だかって言ってたのが元だという節もありましたにゃ~


投稿: あむ | 2007年10月 2日 (火) 11時36分

★樅さまっ

>わたしもTeufelから来ているとどこかの誰かから聞いたことがあります

お友達のマルセルさんでしょか?それとも、鼻毛ちゃんとヒゲが一体化したお友達でしょうか?(そういう方、いらっしゃらなかったっけ・・?私の記憶違い?)

「樋・樋・樋」ってよく聞きますよね。若い人より年配の方のほうが使うかも。シュヴァーベンのお友達がTeufelから来たとおっさってたということは、諸説あるってことでしょうね。

ところで「桑原」。ビックリです。そんないわれがあったんですね。教えてくださり、ありがとうございます。辞書を引きましたら、「死後に雷神となったという菅原道真の領地桑原には落雷がなかったところからという。」とあります。北野天満宮といえば、大阪の受験の神様ですよね。中学のころ、高校受験のために行きました。修学旅行で大宰府へも行ったので、太宰府のお守りと北野天満宮のお守りと、祖父母が送ってくれた湯島天神のお守りで三位一体攻撃したのを今でも覚えています~。あ、うちの近所には道真を追ってきたという飛び梅の子孫が1本。本物かな?

★あむぽん

諸説あるみたいですが、とりあえず「といといとい」は「ぺっぺっぺっ」の代わりだとの説が有力みたいです…。ビックリですよね。私の友人は、携帯メールのアドレスに「toitoitoi」を使っているのですが、これも「ぺっぺっぺっ」なんだ…。あむぽんも確か、民俗学がお好きですよね。こういうのって知っててお腹が膨れるわけではないけど、楽しいですよね。私も好きです♪

投稿: ありちゅん | 2007年10月 2日 (火) 13時25分

(スパム対策のために、ドイツからコメントできなくなってしまったので、メールで送ってくださったコメントを貼らせていただきました)

ありちゅんさん、こんにちは!
Toi Toi Toi は、よく使います!
舞台の袖際で、こういいながら抱き合うと、これから舞台なんだな~とドッキドキに
なります。 Toix3にはDankeで答えたらだめなんですよね。 絶対うまく
いくよ~!っていうおまじないが解けちゃうんですって。

★ mihana さん

わ~ お久しぶりです!お元気でご活躍でしょうか?私もときどきmihanaさんちにお邪魔していたんですよーーお忙しいのかな、と思っておりました。コメントありがとうございます。「といといとい」は、特に舞台関係で言われる、と出ていました。でもやっぱりDankeで答えちゃいけないんですね。そっかー いいことを口にして悪魔の嫉妬を招いてはいけないわけですから、Danke もダメなんですね。logisch。また発表会はあるんでしょうか?トイトイトイ♪

投稿: mihana ⇔ ありちゅん | 2007年10月 3日 (水) 11時40分

この「Teufelskuchen」は恐らくドイツではよく聞く「Man kommt/gerät in des Teufels Küche」から着ていますので、ケーキのKuchenとは関係ないと思います。

時々は「Du bringst mich noch in (des) Teufels Küche」といいます(あなたは困ったことばかりしてくれるんだ)。

家の中で一番火を使うところが台所で、それを悪魔の住処、火だらけの地獄で例えるとその中でも一番暑くて大変なところ。

投稿: KiL | 2009年6月 7日 (日) 21時03分

★KiLさま はじめまして。コメントをありがとうございました。リンク先も拝見しました。ドイツの方でいらっしゃいますか?このたびはありがとうございます♪ そうだったんですかー Teufels Kuehce は、ちょうど今やっている仕事で出てきたばかりでした。Wikiに載っていた例が方言だったので、気付きませんでした・・・ありがとうございます!またKiLさまのサイトにも遊びにお邪魔いたしますね。いろいろありがとうございました。

投稿: ありちゅん | 2009年6月 8日 (月) 07時39分

はじめまして。
私は、英語のchatで、このToi toi toiを見かけて、なんだろう??ってすごく気になって、検索して、ここへたどりつきました。
そう言えば、その発信元の人は、(英語でchatしているけれど)ドイツ育ちで舞台に立つ人なんです!参考になりました。

ところで、
「Toix3にはDankeで答えたらだめなんですよね。 絶対うまく
いくよ~!っていうおまじないが解けちゃうんですって。」
とのこと。Toix3と相手が言った時は、なんて返したら良いのでしょう?どなたかご存知でしたら、教えてくださいませ。

投稿: YUIOTO | 2009年10月 1日 (木) 13時38分

★YUIOTO さん おはようございます!昨日はコメントをありがとうございました。ドイツ人の方がそうおっしゃっていたんですかーー幸運を祈ってくださったんですね!トイトイトイと言われた場合、どう返すのか…。私も考えたことがありませんでした。うーむ。悩みますね。このブログは旧ブログでして、今は別の場所で書いておりますので、そちらで皆さんに聞いてみますね!現在のブログはリンク欄に書きました。もしよろしければ、遊びにいらしてくださいね!

投稿: ありちゅん | 2009年10月 2日 (金) 10時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Buchbinder(製本工) | トップページ | der Tag der Deutschen Einheit (ドイツ統一の日) »