« ドイツのコーヒー その3 (Melitta のペーパーフィルター) | トップページ | Reichskristallnacht (帝国水晶の夜) »

2007年11月 9日 (金)

Der Mauerfall (ベルリンの壁崩壊)

P5070017  1989年11月9日はベルリンの壁が崩壊した日でした。あれから18年も経ったんですね・・・しみじみ。ディーリングルームで株価の乱高下をボーゼンと眺めていたドイツ人ディーラーたちの姿が今でも脳裏に焼きついています。壁の崩壊による大混乱、そして東西ドイツの統一。大変な時期をドイツ人たちはよく乗り越えてきたな、と思います。よくよく考えてみたら、壁の崩壊時に生まれた子供ももう18歳。大学生や社会人になる年頃ですよね。ベルリンの壁も歴史になりつつあるんだなぁ・・・。

写真:以前も載せた画像なのですが、ベルリンの壁崩壊を記念して作られたコイン(たぶん)です。Keine Mauer kann ein Volk ewig trennen. (一つの国民を永遠に隔てることのできる壁などない)と刻まれています。家宝にしようと思いつつ、いつもその辺に置きっぱなし。

Chronik der Mauer (ドイツ語です) ← 壁年表です。

Berliner Mauer Online (ドイツ語です) ← 壁についての記述いろいろ。

ベルリンの壁崩壊(ウィキペディア) ← リンクするほどでもないのですが、分かりやすいので。

*************************

 余談です:上のコインの裏に40 Jahre Bundesrepublik Deutschland (ドイツ連邦共和国40周年)と刻まれています。1949年に東西ドイツが成立したんですよね。先日、ブログで知り合いになった方と某大手予備校Yゼミの名物先生のことで盛り上がってしまいました。世界史のY村先生。語りが非常に面白く、ダジャレのオンパレード。しかも温厚なお人柄で大人気でした。世界史ってこんなに面白い科目なんだ、ということをあの先生の講義で知りました。かなり長い間Yゼミで教鞭を執っておられたとのことなので、あの先生の講義を受けた方、いらっしゃるんじゃないでしょうか?「1949年東西ドイツ成立=ボク(4は「フォーだから「ボ」とも読ませる)の東西ドイツ」というのが今でも頭に残っていて、何かあるたびに思い出します。

|
|

« ドイツのコーヒー その3 (Melitta のペーパーフィルター) | トップページ | Reichskristallnacht (帝国水晶の夜) »

「ドイツ史がらみのこと」カテゴリの記事

コメント

ありちゅんさんにとっても忘れがたい日ですね。

>壁の崩壊時に生まれた子供ももう18歳。大学生や社会人になる年頃ですよね。
*Geboren am 9. November '89
Die Kinder des Mauerfalls werden volljährig*

(Die Kinder des Mauerfalls - die erste ostdeutsche Generation, die in einer Demokratie aufwuchs, wird in dieser Woche volljährig)
というのが、Spiegel Nr. 47 最新号のTitelgeschichteです。まだ届いておりませんが。ちょっと楽しみです。付属のDVDのにはまた歴史的映像がてんこもりだといううわさ。おもしろい記事があったらまた紹介いたしますね。決して回し物ではございませぬ(??)ドイツ中でいろんなメディアで特集が組まれていることでしょう。
ちなみに今読んでいる号は68er特集。これもしっとかなきゃなーってありちゅんさんもおっしゃってましたよね。

投稿: spatz@暗記は今も昔も苦手 | 2007年11月 9日 (金) 09時39分

ががーんん・・・18年前ですと~!? 
あのときは、「来年ドイツに留学するのに、大丈夫かな?」でしたー。90年に行ったので、その秋には、「今度は再統一か~」とオドロキの連続でしたな・・・。バイエルンの片田舎にいたので、近所ではとくに何も変わったことは起きませんでしたが・・・。ディーラーたちの表情、見てみたかったな~

投稿: あむ | 2007年11月 9日 (金) 15時48分

☆シュパぴょん

コメントありがとうございます~。シュピーゲルの記事、面白そうですね。何かinteressantなニュースが載っていましたら、ぜひ教えてくださいまし。壁崩壊後に生まれた子が18歳、と考えると驚きますよね。われわれが「昭和は遠くなりにけり」と思うのと同じように、彼らも「分断の日々は遠くなりにけり」って思うのかしら。68er、私もよく分からないのです。そういった内容を読んでもなんとなくピンと来なくて。でも、これもキーワードとしてよく出てくるので知っとかなきゃ~と思うのでありました。シュパぴょん、読んだら私に教えてね♪

☆あむぽん

えーー90年に留学なさったのね♪ そりゃまた激動の時代に・・・。統一の頃、樅さまはまだドイツにいらしたはずなので、どこかでニアミスしていたかも・・・。樅さまがいらしたのは、カールスルーエだったと思います。樅様、合ってます?

なんかあの頃、日々刻々と状況が変わっていったって感じでしたよね。あれよあれよと言う間に壁が開いて、人々がなだれ込んで、壁の上で兄ちゃんたちがつるはしで壁を削っていて・・・。今でもよく覚えています。あーー18年経ったなんて信じられない!

投稿: ありちゅん | 2007年11月 9日 (金) 21時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドイツのコーヒー その3 (Melitta のペーパーフィルター) | トップページ | Reichskristallnacht (帝国水晶の夜) »