« Teekanne 社の Teebombe (お茶爆弾) | トップページ | ドイツのコーヒー その2 (フリードリヒ大王の時代) »

2007年11月 1日 (木)

ドイツのコーヒー その1 (Eduscho と Tchibo)

 先日、紅茶のことをちょこっと書いた際、コーヒーもついでに検索していましたら、面白いサイトを見つけてしまいました。2002年から2003年までベルリンの博物館で開催されていた「コーヒー展覧会」。ベルリンにお住まいの方はご覧になったかもしれませんね。5年も前で、ちょっと古い話なのですが、内容は古くない(というか、300年もさかのぼる話なので、5年という年月はあんまし関係ない・・・)ので、ご紹介しちゃいますね~。

コーヒー展覧会のサイト

 この展覧会に協力したのは Eduscho というコーヒーの会社。1924年に Eduard Schopf (エードゥアルト・ショップ)という人がブレーメンで興した会社です。Edu と Scho を取って Eduscho なんだそ~です。今頃ナットク、目からウロコ。当初は焙煎したコーヒーを郵便で届けるのが主な業務だったとか。その後、店頭でのコーヒー販売にも着手。Wiki によると、同社は80年代から90年代にかけて、各地のパン屋さんと提携してコーヒーを販売する事業を展開したとのこと。お客さんが店頭でパンと一緒にコーヒーを飲めるというアイディアです。私が驚いたのは、1997年にTchibo (チボー)社の傘下に入ってしまったということ。知らなかったのは私だけ?ブランド名は残してあるということですが、最近のドイツ・コーヒー事情に疎くて知りませんでした。

 このTchibo の店は、コーヒーの挽き売りや立ち飲みで有名でしたよね。日本のドトール創業者がチボーにヒントを得たということは、よく知られています。日本人は、おそばの「立ち食い」はしますが(注:さすがに私はしたことない~)、コーヒーの「立ち飲み」はまだまだしなかった時代でしたよね。(ドトールのHPにも載っていました → コチラ)もちろんスタバなどもなく、コーヒーを飲みたくなったら「喫茶店(サ店・・・死語の世界)」とか「珈琲店」などへ行くのが普通だったのでありました…。

 話はそれましたが、Tschibo 社の歴史はEduscho よりは新しく、1949年に Max Herz (マックス・ヘルツ)という人と Carl Tchilling-Hiryan (読み方分からないのです・・・。外国の名前かしら。カール・チリング-何とか)という人がハンブルクで興したのが始まり。Tchilling の Tchi と、コーヒー豆 Bohnen の Bo をつけて、Tchibo だそ~です。こちらも初耳、目からウロコ。同社も焙煎したコーヒーの郵送から始めたそうです。その後、各地に販売店を出すようになって、試飲サービス(Probe-Ausschank)が好評を博したとのこと。

******************************

 ドイツのコーヒー、あまりに奥が深くてちょっとやそっとじゃ理解できなさそう・・・。何回かに分けてちょこちょこ書かせてくださいませ。

|
|

« Teekanne 社の Teebombe (お茶爆弾) | トップページ | ドイツのコーヒー その2 (フリードリヒ大王の時代) »

「ドイツの食品」カテゴリの記事

コメント

私は断然コーヒー派です♪
紅茶も好きですが、コーヒーがないとだめですね~。
Jacobsというメーカーご存知ですか?今度新商品が出るのですが、原料がアジア産、アフリカ産、南アメリカ産ということで、イメージガールが3人必要なんですが・・とお話をいただき、私、なんとありがたいことに、そのアジア産のイメージガールをします(笑) 

投稿: mihana | 2007年11月 1日 (木) 21時12分

★mihanaさん

いつもコメントありがとうございます。Jacobs、もちろん知ってま~す。昔はKrönung が大人気だったけど、今でもあるのかしら。ちなみにKrönung の缶が家にあり、パスタなどの買い置きを入れる缶となっております。

ところで!イメージガールになられたんですか!!!や~ん、大ニュース!すごいわすごすぎる!!CMに出るのかしら?それともイベントに出るとか・・?!?わーーー続報をお待ちしています。絶対に教えてね♪♪(まるで自分が選ばれたかのようなはしゃぎっぷりです♪)

投稿: ありちゅん@ええっ イメージガールに!?! | 2007年11月 1日 (木) 21時20分

え~ん、きのうから高熱を出してしまひ、関節付近の筋肉がことごとく痛い状態です~ でもブログ読んでる・・・

ドイツのコーヒーだ~いすきなので、記事うれしく読ませていただいています! Jacobsなつかしいです! あとよく飲んでたのはHagとDallmayrですな~ Mihanaさんがイメージガールに!?やった~!

投稿: あむ | 2007年11月 2日 (金) 09時03分

★あむぴょん

わーーー風邪ですか?大丈夫かしら。高熱ってもしかしてインフルエンザ?流行り始めているそうですから、くれぐれもお大事に・・・。

ところでダルマイヤーといえばミュンヘンじゃないでしょか。あのCM(Dallmayr Prodomo とかいうやつです)が耳に残っています~。上等なコーヒーですよね。私はよくJacobs のをスーパーで買ってました♪ あと、東ドイツへ行く際のお土産の定番もJacobs でした。でもね、フランスやイタリアへ行って深煎りコーヒーを飲んだときの衝撃・・・!心から美味しいと思いました。だからうちでは今でもコーヒーは深煎りなのでごじゃります。エスプレッソとかカプチーノとか大好き♪

投稿: ありちゅん@お大事に~ | 2007年11月 2日 (金) 18時09分

わたしの暮らしていた辺りには、二人の人物の苗字の頭をくっつけた社名とかありましたね。SchumacherさんとRosenmeyerさんだかでSchuroとか…… ひとりの人物の名前でも出来ますね。日本でも、山拓とか松健とかありますからね。ドイツでももちろん、AdolhiとかLudbeeとかWolmoとかHelokohとか、限りなく可能ですね。

mihanaさん、すごい!コーヒーのパッケージに印刷されたりするのでしょうか?

あむさん、ヒトインフルエンザですか?お大事に~ (^^;)

投稿: 樅の木 | 2007年11月 2日 (金) 21時19分

★樅の木さん

コメントありがとうございます。思わず爆笑…!やっぱり樅さまってば冴えてらっしゃる。Wolmoはクーゲルになった方ですね。でもってLudbeeは年末になるとあちこちで引っ張りだこのお方。Joseba なんて「よせば~」だし、Franschu ってちょっと腐乱臭みたいでヤバいかも。Anmerってのはかわいいですね。いろいろ考えてたら楽しくて止まらなくなってきました… 大昔、金融機関に勤めていたころ、Buba (ぶーば)という言葉がよく飛び交いました。最初、何のことか分かりませんでした。だいぶたって知ったのですが、Bundesbank のことだったんです…。

投稿: ありちゅん | 2007年11月 3日 (土) 00時11分

あ、Helokohぢゃなくて、Helkohでしたね。元Bunkanの人。

投稿: 樅の木 | 2007年11月 3日 (土) 12時32分

★樅の木さま

コメントありがとうごじゃります~。Helkoh って、ハマコーみたい…。元気にしているのかしら。Helkoh の奥さま(Hannkoh ハンコ~さん)が書いた料理本、今でも時々めくって眺めているのですが…。

投稿: ありちゅん | 2007年11月 3日 (土) 16時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Teekanne 社の Teebombe (お茶爆弾) | トップページ | ドイツのコーヒー その2 (フリードリヒ大王の時代) »