« Grünkohl (グリュンコール)braucht den ersten Frost. | トップページ | Frohe Weihnachten! (メリ~クリスマス!) »

2007年12月21日 (金)

Gewürze (スパイス)

 クリスマスが近づいてまいりました。クリスマスになると、あの独特の香りを思い出します。考えてみると、クリスマスに好んで食べられるお菓子には、必ずと言っていいほど香辛料がたっぷり入っています。シュトレン、レープクーヘン、シュペクラーツィウス、ドミノシュタイン、ツィムトシュテルネ(Zimtsterne)、アーヘナー・プリンテン(Aachener Printen)・・・。そうそう、グリュ~ヴァインにも同じ香りが。今のように豊かではなかった昔はおそらく普段からお菓子を食べ放題というわけにはいかなかったでしょうね。贅沢なお菓子はクリスマスにしか食べられなかった、というのは容易に想像がつきます。それにしてもどうしてこんなに香辛料がきついの?

 中世のころ、香辛料が貿易の目玉だったということはよく知られていますよね。金に匹敵するくらい高価だったと聞きました。ってこては~ 香辛料たっぷり=(イコ~ル)富の象徴、ということだったんでしょうね。上記のお菓子が発達したのはニュルンベルクやドレスデン、アーヘンといった、栄華を極めた都市ばかり。これらのお菓子によく使われる香辛料を挙げてみました。産地を見ると、世界史を思い出します・・・。旧植民地ばかり。

Ingwer(ジンジャー):日本では生姜として使うことが多いですが、欧米では粉末状で使いますよね。Kuechenlexikon によると、「東南アジア原産の植物。今日ではアフリカや中南米でも栽培されている。ジャマイカ産のジンジャーは最高級品とされる」とあります。

Gewürznelke(チョウジ):これもぷんぷん匂いますよね。お菓子類だけでなく、肉料理やソーセージ作りの香辛料としても、ドイツでは珍重されたそうです。最高級品はモルッカ諸島(インドネシア)のアンボン産やマダガスカル産のものなんだとか。Küchenlexikon によりますと、チョウジに関しては、オランダがその交易を独占していたとのこと。

Kardamon(カルダモン):ジンジャーと並んでシュトレンに欠かせない香辛料だそうです。南アジア産の香辛料とあります。セイロン産のカルダモンが最高級品なんだとか。

Muskatblüte(ニクズク花、メース):この香辛料は知りませんでした・・・。Muskatnuss(ナツメグ)は有名ですよね。ナツメグはニクズクの種子を摩りおろしたものですが、Muskatblüte は、その種子の皮だけを粉末にしたものなんだそうです。シュトレンのレシピを見ますと、確かにこれが入っておりました。ビックリ。このニクズクも、インドネシア産のものが最高級品なんだそ~です。

Zimt(シナモン):言わずもがなのシナモンちゃん。スリランカ産が珍重されるんだそうです。15世紀にヨーロッパで有名になったんだとか。

***********************

 こうして見てみますと、やっぱり香辛料はどれも植民地産・・・。当時、植民地を持たなかったドイツは高いお金を出して買うしかなかったのかしら。だから、香辛料 → 富の象徴 → たっぷり使ってリッチ、ゴージャス → どーだ、すげぇだろ~ てな感じになったんじゃないかと私は勝手に思ってしまいました。もし違っていたら教えてくださいね♪

|
|

« Grünkohl (グリュンコール)braucht den ersten Frost. | トップページ | Frohe Weihnachten! (メリ~クリスマス!) »

「ドイツのお菓子」カテゴリの記事

「ドイツの食品」カテゴリの記事

コメント

クリスマスのお菓子って、日本のおせち料理と一緒で“長もち”が基本コンセプトだったりしませんか? だから香辛料も多いのかと思っていました! フランスだったらパンデピス(ドイツで言うところの“レープ・クーヘン”でしょうか?)とか、イギリスのクリスマスプディングとか。
書いていると食べたくなりますね~^^

投稿: すー | 2007年12月21日 (金) 12時13分

実家にいたころは日本では香辛料というとカレーや唐辛子くらいしか知らなかったんですが、ドイツに行って香草と香辛料には目覚めましたよ~。
去年からシュトレンは、=ありちゅんさんの図式になってしまいました。今日パン屋で見かけて、ありちゅんさんに「買え~」と呼ばれている気がして買ってしまった・・・

投稿: あむ | 2007年12月21日 (金) 19時43分

★すーさんっ

コメントありがとうございます。そっかー 日持ちを考えてのことなんですね。お肉に使うスパイスは、傷みかけた肉の臭みを消すのに重宝した、と聞きましたが、臭み消しのほかに長持ちさせる効果もありますもんね。

ところで「パンデピス」って初めて聞きました!今、これで検索したら出てきました…。スパイスをたっぷり利かせたお菓子なんだそうですね。味が似ているかも・・・。だけど、「フランスのお菓子」と聞いただけで垢ぬけているように思えますわ~。話は飛びますが、バウムクーヘンもフランスではガトー・ピレネーと呼ぶと聞きました。やっぱり隣国だからいろいろ似ているんでしょうね。

★あむぽんっ

コメントありがとうございます。そうそう、ドイツ人ってハーブも好きですよね。大味なんだけど、ハーブが利いているような料理が多い気がします。
今日、所用で町へ繰り出したのですが、あちこちでシュトレンを見かけました。すっかりメジャーになっちゃって…。あむぴょんも買ったんですね。「買え~」と言ったのは私ではなく、天の声です(なんのこっちゃ) でもね、昨日とあるおじさん週刊誌で、フードライターの人がシュトレンを紹介していたのです。でもね、それが本物のシュトレンとはちょっと違う…。「サクサクしたクッキーのような味わい」みたいなことが書かれていて「違うじゃん!」と一人で怒っちゃいました~~。

投稿: ありちゅん | 2007年12月21日 (金) 20時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Grünkohl (グリュンコール)braucht den ersten Frost. | トップページ | Frohe Weihnachten! (メリ~クリスマス!) »